神経内科について “医療に三位一体の精神を” ~みつば脳神経クリニック~


受付カウンター

神経内科が診察する主な病気は片頭痛、脳卒中、認知症、てんかん、パーキンソン病などです。

脳や脊髄、神経、筋肉などの脳神経系に異常をきたし現れてくる症状を診察します。頭痛、めまい、しびれ、ふるえ、もの忘れ、けいれん、力がはいらない、しゃべりにくい、ものが二つに見えるなどがその症状です。これらの症状は、しびれの原因に糖尿病が隠れていたり、もの忘れの原因に甲状腺機能低下が隠れていたりといった具合に、脳神経系とは別の病気のサインであることもあります。

神経内科とは、全身のすみずみまで行き渡る脳神経系を手掛かりに、種々の病気の診断を行う、体全体を診ることのできる科なのです。

パーキンソン関連疾患や認知症などについては、頭部MRIを撮影することで原因があきらかになり、治療でよくなる場合もあります。そのため、MRIは神経内科にはなくてはならない検査器械なのです。

当院のMRI

神経内科専門往診について

神経難病のような、進行性の神経内科疾患の場合、神経内科専門往診開始前は病院から診療所、在宅へと医療受診形態が変わるたび継続性(Continuity)が途切れ、在宅診療へ移行する場合は専門性(Speciality)も途切れてしまいます。しかし、神経内科専門往診開始後は、Continuity、Specialityいずれも担保され、人生(Life)の把握ができるようになります。さらには、患者さんの物語、すなわちnarrativeに継続的に関わることができるようになり、よりよいnarrativeの形成に役立つこともできるのではないかと考えています。

神経内科専門往診の利点

神経内科医にとって
疾患とともにある生活および人生(Life)の把握
在宅医にとって
神経内科専門性(Specialty)の担保
患者さんにとって
人間関係の継続性(Continuity)の担保
神経内科専門往診開始
神経内科専門往診開始前イメージ
神経内科専門往診開始
神経内科専門往診開始後イメージ
■神経内科専門往診をご希望される方へ

他院から訪問診療を受けていらっしゃる方が対象になります。訪問診療をして頂いている医師に当診療所宛ての診療情報提供書を記載頂いたうえ、

Tel:043-483-3289  または  e-mail:info@trinity-neurology.com

にご連絡下さい。相談のうえ、木曜日午後での対応になります。

  • お問い合わせ

    Tel.043-483-3289

    当診療所は、予約優先で診療しております。予約なしで受診された場合、混雑具合によってはお待たせすることもございます。初診の際も、電話でのご予約をお勧めいたします。

    〒285-0815
    千葉県佐倉市城343-3
    プチモンドさくら1-A
    Fax. 043-483-3287

  • 診療日

     
    午前                
    午後                

     2週目・4週目は診療受付

    【診療時間】
    午前:9:00 ~ 12:00
    午後:14:00 ~ 17:00

    【休診日】
    水曜日・日曜日・祝日・土曜日午後

  • 健康診断・脳ドックのご案内はこちら

  • 過去の医療講座へ

  • 「みつば」マークの由来

  • プチモンドさくらプロジェクト