ごあいさつ “医療に三位一体の精神を” ~みつば脳神経クリニック~

みつば脳神経クリニック院長 大木 剛

佐倉インター近く、根郷小そばに、神経内科クリニックとして2012年開院。以来、千葉大神経内科や成田赤十字病院等で十分な経験を積んだ神経内科疾患はもちろんのこと、かぜや腹痛などの一般内科疾患、さらには予防接種や健康診断なども含め、地域の皆様のニーズに幅広く応えております。

他医療機関や介護事業所、公的機関との連携も深め、ご家族も含めた患者さんを、より丁寧に、より幅広く、そしてより長く携わっていくことを目指し、日々診療しております。

医療法人社団三結会 みつば脳神経クリニック
理事長 大木 剛

プロフィール

平成6年
岡山大学医学部卒業
平成6年
千葉大学神経内科入局(現・同門会員)
平成9年
成田赤十字病院・神経内科勤務
平成13年
東葛クリニック病院・神経内科医長
平成19年
London, King’s collage
Motor Nerve Clinic 研修
平成19年
松戸朋友クリニック・院長
平成24年
松戸神経内科・副院長
平成24年 12月
みつば脳神経クリニック開業
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本神経学会認定神経内科専門医
  • 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
  • 日本認知症学会認定認知症専門医
  • 東邦大学医療センター佐倉病院・神経内科非常勤
  • 佐倉中央病院・非常勤
  • さくら風の村訪問診療所・非常勤

業績

論文

  1. 大木 剛:在宅診療における神経内科専門往診の試み,難病と在宅ケア 16(8):32-36,2010
  2. 大木 剛:慢性透析患者における脳卒中の診断と治療の実際,Pharma Medica 24(7):117-124,2006
  3. Takeshi Oki, Shunji Takahashi, Satoshi Kuwabara, Yasumasa Yoshiyama, Masahiro Mori, Takamichi Hattori, Nobuo Suzuki.: Increased ability of peripheral blood lymphocytes to degrade laminin in multiple sclerosis. J Neurol Sci. 2004 Jul 15;222(1-2):7-11.
  4. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 第5回 診療ガイドライン活用の実際,主任&中堅,13(5):56-62,2004
  5. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 第4回 予防・退院後フォロー.主任&中堅,13(4):94-100,2004
  6. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 第3回 入院治療-合併症予防・治療,主任&中堅,13(3):38-42,2004
  7. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 第2回 入院治療-クリティカルパス,主任&中堅,13(2):113-124,2004
  8. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 第1回 初期治療,主任&中堅,13(1):74-80,2004
  9. 大木 剛:透析患者脳卒中のガイドライン 透析患者脳卒中の問題点と診断ガイドライン作成に至る経緯,主任&中堅,12(6):70-75,2003
  10. 大木 剛,新井 公人,末永 忠弘,服部 孝道:特集 海と山の神経性食中毒 シガテラ中毒,神経内科,54:231-235,2001

発表

  1. 大木 剛、大竹 美和、加藤 明美、鳩谷 昌子:神経内科診療所における神経難病患者および家族の疾患知識,第4回日本難病医療ネットワーク学会学術集会,2016
  2. 大木 剛:テーマ:脳卒中連携の問題点 かかりつけ医の立場から,第7回千葉北脳卒中地域連携パス研究会,2016
  3. 大木 剛:サービス付き高齢者向け住宅の実情について, 第2回印旛市郡認知症治療・介護研究会, 2015
  4. 大木 剛:神経変性疾患の基礎知識-パーキンソン病を中心に-,印西地区医師会学術講演会,2014
  5. 大木 剛:テーマ:各種シートの現状 かかりつけ医の立場から,第5回千葉北脳卒中地域連携パス研究会,2014
  6. 大木 剛:地域の神経内科における認知症および認知症疑い患者,第55回日本神経学会総会,2014
  7. 大木 剛:佐倉市の神経内科診療所における認知症診療,第31回千葉大学神経内科教室例会,2013
  8. 大木 剛:パーキンソン病の患者・家族におけるSymptom Loadの乖離,Weatern Chiba Neurology Conference,2012
  9. 大木 剛、村上 泰生、金坂 俊秀、高橋 三津雄、山田 由紀子、北野邦孝:パーキンソン病における患者と家族のsymptom loadの乖離,第52回日本神経学会総会, 2011
  10. 大木 剛、金坂 俊秀、村上 泰生、高橋 三津雄、山田 由紀子、北野邦孝:クロピドグレルが有効だった再発性回転性めまい3症例の検討,第36回日本脳卒中学会総会,2011
  11. 大木 剛:パーキンソン病における患者・家族のsymptom loadの乖離,第28回千葉大学神経内科教室例会,2010
  12. 大木 剛、川越 正平、北野 邦孝:在宅診療における神経内科専門往診の試み,第51回日本神経学会総会,2010
  13. 大木 剛:神経難病の治療と療養生活上の注意点,平成22年度難病相談事業,2010
  14. 大木 剛、川越 正平:神経内科専門往診の試み,第12回日本在宅医学会全国大会,2010
  15. 大木 剛:イギリスの緩和ケアについてー神経内科医から見たホスピスー,ちば地域ケア研究会,2009
  16. 大木 剛:神経難病と療養生活について,平成20年度難病相談事業,2008
  17. 大木 剛、石山 直季、伊原 みやこ、岩本 和子、齋藤 諒三、佐藤 光枝、田島 康史、寺田 泰子:晩期神経変性疾患における医療の問題点,第26回神経治療学会総会,2008
  18. 大木 剛:神経疾患の緩和ケアーイギリスにおける緩和ケアの現場からー,横浜神経カンファレンス,2008
  19. 大木 剛、宗像 紳、北野 邦孝:Quadrilateral space syndromeによる腋窩神経麻痺,第25回千葉大学神経内科教室例会,2007
  20. 大木 剛、村上 泰生、河内 葉子、宗像 紳、北野 邦孝:回転性めまいをきたし左小脳扁桃上部にラクナ梗塞を認めた一症例,第19回東葛神経セミナー,2007
  21. 大木 剛:神経変性疾患の地域医療と地域ケア,ちば地域ケア研究会,2006
  22. 大木 剛:動脈硬化の成因と診断,第1回東葛血管診断研究会,2006
  23. 大木 剛、河内 葉子、金子 克、北野 邦孝:T2*強調MRIを用いた脳血管障害例における無症候性微小出血の検討,第45回日本神経学会総会,2004
  24. 大木 剛、金子 克、河内 葉子、北野 邦孝:慢性期脳卒中患者における頭部MRIT2*画像による微小出血の検討,東葛神経フォーラム,2004
  25. 大木 剛:慢性透析患者における脳卒中,第27回日本脳卒中学会総会,2004
  26. 大木 剛、金坂 俊秀、森 雅裕、服部 孝道:多発性硬化症患者における生活上の問題について,第44回日本神経学会総会,2003
  27. 大木 剛:透析患者における脳卒中 一般脳卒中との比較,第20回千葉大学神経内科教室例会,2002
  28. 大木 剛、東 仲宣:透析患者における脳血管障害の分類と危険因子,第47回日本透析医学会学術集会総会,2002
  29. 大木 剛、桑原 聡、吉山 容正、川口 直樹、福武敏夫、服部 孝道、高橋 俊二、鈴木信夫:多発性硬化症における細胞外マトリックス分解能を用いた再発重症度、治療効果の予測,第19回神経治療学会総会,2001
  30. 大木 剛、桑原 聡、吉山 容正、川口 直樹、福武 敏夫、服部 孝道:多発性硬化症における細胞外マトリックス分解能と頭部MRIの関連について,第42回日本神経学会総会,2001
  31. 大木 剛、吉山 容正、桑原 聡、川口 直樹、福武 敏夫、服部 孝道:多発性硬化症患者の再発前には末梢血単核球の細胞外マトリックス分解能が上昇する,第13回 日本神経免疫学会学術集会,2001
  32. 大木 剛、吉山 容正、服部 孝道:Azheimer病におけるpro-cathepsin Lの脳内発現の検討,第41回日本神経学会総会,2000
  33. 大木 剛、吉山 容正、服部 孝道:Azheimer病におけるmatrix metalloproteinase-3(MMP-3)の選択的脳内発現について,第40回日本神経学会総会,1999
  34. 大木 剛、大飯 啓史、渡辺 優美、片山 薫、朝比奈 正人、桑原 聡:伝導ブロックを伴い再発・緩解を繰り返した多発単神経炎例,第148回日本神経学会関東・甲信越地方会,1999
  35. 大木 剛、大飯 啓史、渡辺 優美、片山 薫:発語困難、動作緩慢に対してdroxydopaが著効した結核性髄膜炎疑い例,第17回神経治療学会総会,1999
  36. 大木 剛、大飯 啓史、小河原 一恵、片山 薫:小脳症状に著しい左右差を認める脊髄小脳変性症,第144回日本神経学会関東・甲信越地方会,1998
  37. 大木 剛、小河原 一恵、朝比奈 正人、片山 薫:小脳症状に著しい左右差を認める脊髄小脳変性症疑い例,第15回千葉神経内科ビデオフォーラム,1997
  38. 大木 剛:脳梗塞再発例についての検討,神奈川県南部県央脳卒中懇話会, 1996
  39. 大木 剛、丹羽 直樹、南雲 清美:頭痛・頸部痛を伴った特発性内頚動脈解離例,第13回千葉大学神経内科例会,1995
  40. 大木 剛、朝比奈 正人、桑原 聡、中島 雅士、平山 恵造:免疫グロブリン大量静注療法が奏功した急性炎症性脱髄性多発ニューロパチー,第12回千葉大学神経内科教室例会,1994

「みつば」マークの由来

「みつば」マークロゴ

アイルランドにキリスト教を広めた聖パトリックは、「みつば」を手に「三位一体(Trinity)」の教えを説いたと言われており、アイルランドでは、その「みつば」が、現在でも国のシンボルに使われております。

当クリニックでは、患者さん・ご家族・クリニックの「三位一体」、患者さん・医療・介護の「三位一体」、病院・クリニック・在宅の「三位一体」を目指します。そのシンボルとして「みつば」をもちい、「Trinity Neurology Clinic」と名付けたのです。

  • お問い合わせ

    Tel.043-483-3289

    当診療所は、予約優先で診療しております。予約なしで受診された場合、混雑具合によってはお待たせすることもございます。初診の際も、電話でのご予約をお勧めいたします。

    〒285-0815
    千葉県佐倉市城343-3
    プチモンドさくら1-A
    Fax. 043-483-3287

  • 診療日

     
    午前                
    午後                

     2週目・4週目は診療受付

    【診療時間】
    午前:9:00 ~ 12:00
    午後:14:00 ~ 17:00

    【休診日】
    水曜日・日曜日・祝日・土曜日午後

  • 健康診断・脳ドックのご案内はこちら

  • 過去の医療講座へ

  • 「みつば」マークの由来

  • プチモンドさくらプロジェクト